2019/02/10 06:30

実は苦労人!キスマイ北山宏光の“映画初主演”までの道のり

画像はイメージ(画像素材:PIXTA)

歌やダンスだけでなく、「プレバト!!」(TBS系)では俳句や書道の見事な腕前も披露するなど、バラエティ番組で活躍するKis-My-Ft2の北山宏光。2月15日には、待望の初主演映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』が公開されます。本作では売れないマンガ家のダメ夫とトラ猫の2役を演じますが、これまで舞台やドラマで培ってきた演技力で、温かなストーリーを作り上げています。

北山が『トラさん』主演をオファーされた理由

『トラさん~僕が猫になったワケ~』は、北山扮する交通事故で命を落とした売れないマンガ家・寿々男が、“あの世の関所”の判決により、過去の愚かな人生を挽回すべく猫として現世で1か月の“執行猶予”を与えられるというストーリー。

もともと猫好きだった妻と娘が住む家で飼ってもらえることになるのですが、言葉も通じない猫の寿々男は、家族のために何かしたい、人生を挽回したいと思いながら何もできずに時間だけが過ぎていきます。

本作のプロデューサー・明石真弓氏は北山へのオファー理由について、セリフの緩急がうまく、真っ直ぐな芝居が魅力的な北山がピッタリだと思ったと語っています。映画こそ初出演の北山ですが、ジュニア時代には舞台「滝沢演舞城」や「DREAM BOYS」「少年たち」などに出演し、先輩たちの姿を見ながら演じる力も身につけてきました。

山Pとの出会いからデビューまでの長い道のり

北山がジャニーズ事務所に入所したのは2002年。サッカー推薦で入学した堀越高校時代、同い年の山下智久と出会ったことをきっかけにジャニーズに興味を持ち、それが入所につながった、と2018年4月24日放送の「火曜サプライズ」(日本テレビ系)で明かしています。

高校に入ってからダンスなどを始めた北山ですが、高校卒業の年である2004年4月にはKis-My-Ft2の前身、Kis-My-Ft.のメンバーとなり、2005年7月、現メンバーでKis-My-Ft2を結成。しかし、そこからCDデビューまでの約6年間の下積み時代は、後輩で先にデビューしたHey! Say! JUMPのバックで踊るなど、数々の苦労を重ねてきています。この時の悔しさが、北山をはじめとするキスマイメンバー全員のデビューへの思いを強くさせたようです。

そして2011年8月、北山が25歳の時に、Kis-My-Ft2は「Everybody Go」で念願のCDデビューを果たしたのでした。

さまざまな役を演じる俳優・北山宏光の今後は?

北山は、映画初主演となる『トラさん』でトラ猫を演じていますが、過去にはドラマや舞台で意外な役柄を経験しています。

2014年7月期放送のドラマ「家族狩り」(TBS系)では、できちゃった婚をしたチャラ男として登場。シリアスな展開の中、唯一楽天的で、視聴者をほっとさせるような役割を果たしました。

また、昨年は主演舞台「あんちゃん」で小学生役にも挑戦。こちらは幼いころに出ていった父親との突然の再会をきっかけに、父と家族に複雑な心境を抱く青年という役柄でしたが、劇中には主人公の小学生時代を演じるシーンが出てきます。母親役の荻野目慶子には小学生役も「似合う」と言われており、また父親役のベンガルは北山について「進化のスピードがすごい。センスも勘もいい」と共に舞台に立つことを楽しんでいるようでした。

長い下積み時代を経てデビューし、33歳となった今では俳優としてもさまざまな役柄を求められ、作り手や共演者にも魅力を感じさせる北山。Kis-My-Ft2としても音楽活動のほか、バラエティ番組「10万円でできるかな」(テレビ朝日系)のゴールデン昇格が発表されるなど、活躍の幅が広がっていますが、そうした中でも俳優・北山宏光の今後に対し、大いに期待したいところです。

(文/北舘和子)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >