2019/01/25 12:00

『十二人の死にたい子どもたち』本日公開!ちょい見せ特別映像を公開

(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

冲方丁の同名小説を、堤幸彦監督のメガホンで実写映画化する『十二人の死にたい子どもたち』より、本編映像を含む本作のメイキング映像が公開された。

『十二人の死にたい子どもたち』メイキング映像

十二人の死にたい子どもたち

その日、12人の未成年たちが、安楽死を求め廃病院の密室に集まった。「みんなで死ねば、怖くないから」ところが、彼らはそこで13目のまだ生あたたかい死体に遭遇。突然の出来事にはばまれる彼らの安楽死。あちこちに残る不自然な犯行の痕跡、次々起こる奇妙な出来事。彼らだけしか知らない計画のはず。まさかこの12人の中に殺人鬼が――

十二人の死にたい子どもたち サブ

本作は、冲方丁原作で、第156回直木賞にも候補作となり話題となった冲方自身初となる同名小説を、堤幸彦監督のメガホンで実写映画化する作品。安楽死を求めて廃病院に集まった12人の未成年たちが巻き起こす密室サスペンスを描く。

十二人の死にたい子どもたち サブ2

このたび公開されたのは、初解禁となる“名場面”が散りばめられたメイキング映像。“激しい心理戦”の鬼気迫る演技とは一転、その演技力の高さを証明するような劇中とのギャップをもたらすオフショットも織り込まれた特別映像となっている。

十二人の死にたい子どもたち 死体 とまん

メインとなる子どもたちを演じるのは杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈ら実力派若手俳優、そして堤幸彦監督からの白羽の矢が止まった吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗の十二人。

十二人の死にたい子どもたち サブ3

個々の役柄構築を始め、お互いがお互いを意識しコラボレートしていく集団演技が要求された彼ら。ライブのような空間に晒された役者たちは、それぞれが互いを警戒し合いながら本心を隠し、平然と振舞う表情や仕草、生々しさに思わず息を呑む、今この瞬間にしか生まれない芝居を誕生させた。

十二人の死にたい子どもたち サブ4

台本は1カットで6、7ページにわたるのはざらで、クライマックスの場面は12ページにも及んだという。そのクライマックスシーンの撮影の場に居た飯沼伸之プロデューサーは、彼らの熱演に涙で震えてしまうほど感動したそうで、長年プロデュースしてきた中で、初めての体験だったという。映画は本日より全国ロードショー。

(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >