2019/02/01 10:30

今週ナニみる?「新作シネマ」2/1・2公開分

『雪の華』(C)2019 映画「雪の華」製作委員会

週末に公開される新作映画の中から、dmenu映画編集部がセレクトした作品をお届けする『週末シネマ☆PICKUP』。2月1〜2日に公開される最新作を紹介! 見逃し厳禁な最新映画をお届けします。

雪の華(2月1日公開)

【あらすじ】
余命を宣告された美雪(中条あやみ)の夢は、約束の地・フィンランドでオーロラを見ること。ある日、ひったくりにあった美雪は、ガラス工芸家を目指す青年・悠輔(登坂広臣)に助けられる。半年後に偶然再会した悠輔の働く店が危機に陥っていると知った美雪は「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月、私の恋人になってください」と、期間限定の恋を持ちかける。期限付きの恋と知りながら、美雪は自分の居場所がある喜びを感じていた。そして、初めは乗り気でなかった悠輔も、まっすぐな彼女に次第に惹かれていくが――

中島美嘉の同名曲から生まれた大人のラブストーリー。W主演の登坂広臣と中条あやみが、本物の大人の恋をドラマティックに体現する。メガホンをとるのは、橋本光二郎監督。



七つの会議(2月1日公開)

【あらすじ】
都内にある中堅メーカー・東京建電。営業一課の万年係長・八角民夫(野村萬斎)はどこの会社にもいる“ぐうたら社員”。課長の坂戸宣彦(片岡愛之助)からはその怠惰ぶりを叱責されるが、ノルマも最低限しか果たさず、定例の営業会議では傍観しているのみ。絶対的な存在の営業部長・北川誠(香川照之)が進める結果主義の方針の元で部員が寝る間を惜しんで働く中、一人飄々と日々を送っていた。ある日突然、社内で起こった坂戸のパワハラ騒動。そして、下された異動処分。訴えた当事者は年上の部下、八角だった――

池井戸潤の同名クライムノベルが、ついにスクリーンへ登場! 自由奔放な顔と信念を貫く強い心を併せ持つ主人公・八角を演じるのは野村萬斎。そのほか、香川照之、及川光博、片岡愛之助ら豪華キャストが揃う。

メリー・ポピンズ リターンズ(2月1日公開)

【あらすじ】
大恐慌時代のロンドン。バンクス家の長男マイケル(ベン・ウィショー)は、今では自らの家族を持つ親となっていた。しかしロンドンは大暴落の只中で金銭的な余裕はなく、さらにマイケルは妻を亡くしたばかりだった。家の中は常に荒れ放題。さらに追い打ちをかけるように、融資の返済期限切れで家を失う大ピンチ! そんなとき、魔法使いメリー・ポピンズ(エミリー・ブラント)が風に乗って彼らのもとに舞い降りた――

1964年公開の名作ディズニー映画『メリー・ポピンズ』の20年後を描いた続編。メリー・ポピンズを『プラダを着た悪魔』のエミリー・ブラントが演じるほか、コリン・ファース、メリル・ストリープ、ベン・ウィショーら豪華キャストが集結する。メガホンを取るのは『シカゴ』のロブ・マーシャル監督。



フロントランナー(2月1日公開)

【あらすじ】
史上最年少の46歳で民主党の大統領候補になった若きカリスマ政治家ゲイリー・ハート(ヒュー・ジャックマン)。ジョン・F・ケネディの再来と言われた彼は1988年の大統領選予備選で最有力候補、フロントランナーに一気に躍り出る。しかしたった3週間後、マイアミ・ヘラルド紙の記者が掴んだある疑惑が一斉に報じられ、急展開を迎える。勝利を目前に一瞬にして崩れ去る輝ける未来。その時ハートは? 家族は? 選挙スタッフは? スクープを求めるジャーナリストは? そして、国民はどんな決断をしたのか――

若き天才政治家、ゲイリー・ハートが1988年に起こした不倫スキャンダルを映画化!主演はヒュー・ジャックマン。『マイレージ、マイライフ』のジェイソン・ライトマン監督がメガホンをとる。

ともしび(2月2日公開)

【あらすじ】
老年に差し掛かったアンナ(シャーロット・ランプリング)と夫(アンドレ・ウィルム)は、慎ましやかな暮らしをしていた。しかし、次の日夫は、ある疑惑により警察に出頭し、そのまま収監されてしまう。アンナの生活にはそれほどの変化はないかに見えた。けれどその彼女の生活は、少しずつ、狂いが生じていく。上の階から漏れ出す汚水、響き渡るような音を立てるドアのノックの音。やがてそれは見て見ぬふりが出来ないほどに、大きな狂いを生じていくのだった――

ひとりの女性が、もう一度“生きなおし”を図るまでの哀しみと決意を追う、『さざなみ』『まぼろし』に続くシャーロット・ランプリング渾身の感動作! メガホンをとるのは、本作が長編2作目となるアンドレア・パラオロ監督。

新作が続々登場!劇場で最新映画はいかが?

どれを観るのか? どれから観るのか? 迷うものばかり! 映画館で最新作とともに最高のひとときを。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >