2019/02/06 10:00

津田健次郎、井上麻里奈ら『移動都市/モータル・エンジン』第2弾吹替版キャスト

『移動都市/モータル・エンジン』第2弾日本語吹き替え版キャスト

『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』3部作で知られるピーター・ジャクソンが、製作・脚本を務める冒険ファンタジー映画『移動都市/モータル・エンジン』の第2弾日本語吹替え版キャストが発表となった。

『移動都市/モータル・エンジン』第2弾日本語吹替え版キャスト

舞台はたった60分で文明を荒廃させた最終戦争から、数百年後の世界。残された人類は地を這う移動型の都市で暮らす事を選択し、地上は、都市同士が捕食しあう弱肉強食の世界へと姿を変えていた。この荒れ果てた地は、巨大移動都市・ロンドンによって支配されていた。ロンドンは捕食した都市の資源を再利用し、人間を奴隷化することで成長し続ける。小さな都市と人々は、その圧倒的な存在を前に逃げるようにして生きるしかなかった。いつ喰われるかもしれない絶望的な日々の中、その目に激しい怒りを宿した一人の少女が、反撃へと動き出す――

移動都市/モータル・エンジン 仮メイン

本作は、イギリス作家フィリップ・リーヴのファンタジー小説『移動都市』を原作に、ピーター・ジャクソンが、製作・脚本を務める冒険ファンタジー。主人公へスター役を演じるのは、新鋭女優ヘラ・ヒルマー。そしてへスターとともに壮大な冒険へと身を投じる青年トムを、ロバート・シーアンが演じる。さらにヒューゴ・ウィーヴィング、スティーヴン・ラングら演技派俳優陣が脇を固める。メガホンをとるのはピーター・ジャクソンの右腕、クリスチャン・リヴァーズ監督。

このたび発表となったのは、本作の第2弾日本語吹き替え版キャスト。先立って第1弾日本語吹替え版キャストとして、石川由依、島﨑信長、大塚芳忠、大塚明夫、朴璐美、嶋村侑、下野紘といった錚々たる面々の出演が発表された本作。第二弾の追加キャストも豪華キャスト陣が名を連ねる。

移動都市/モータル・エンジン 吹き替えキャスト

反移動都市同盟リーダーのアナとともに同組織に所属し、アナやヘスター、トムとともに巨大な移動都市ロンドンへ進撃していく空賊のコーラ役は、「ゴールデンカムイ」の尾形百之助役や、「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」シリーズで主人公のライバル海馬瀬人を演じ、声優のほかにも舞台、映画監督と多岐にわたって活躍している津田健次郎。

さらに同じく反移動都市同盟に所属する指揮官のサスヤ役は、「進撃の巨人」でアルミンや、「終物語」で老倉育を演じた井上麻里奈、巨大な移動都市ロンドンのトップに君臨するクローム市長役には「機動戦士ガンダム」シリーズのギレン・ザビ役などで知られる銀河万丈。

最終戦争前に存在していたスマートフォンやテレビゲームといった古代技術が展示されているロンドン博物館の研究員のポムロイ博士役は、『ワイルド・スピード』シリーズなどでヴィン・ディーゼルの声を担当している楠大典、物語の鍵を握る何かを見つけてしまうヘスターの母パンドラ役は「進撃の巨人」でカーフェンを演じた寺依沙織が演じる。映画は2019年3月1日(金)より全国公開。

(C)Universal Pictures



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >