2019/02/22 12:00

ニャンニャンニャン!永作博美のクロエ『ペット2』最新映像

(C)Universal Studios.

ペットたちの裏側の日常をユーモラスに描いたシリーズ最新作『ペット2』より、永作博美が声を演じるクロエにフォーカスした、日本語吹替え声版の最新映像が公開となった。

ペットたちのあるある行動に胸キュン

本作は『怪盗グルー』シリーズや『SING/シング』などで知られるイルミネーション・エンターテインメントが贈る、誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常をユーモラスに描いた2016年公開の『ペット』の最新作。監督をクリス・ルノー、脚本をブライアン・リンチ、製作をクリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリーと前作のスタッフが再集結して新たな物語を紡ぐ。

主人公マックス役を設楽統、相棒デューク役を日村勇紀、さらに2匹の飼い主ケイティ役に佐藤栞里、ペット仲間の太った猫クロエ役に永作博美と、日本語吹替え版は前作に引き続き主要キャストが続投する。

このたび公開されたのは、美味しいものに目がないちょっぴりおデブな猫・クロエの行動にフォーカスした最新映像。

ペット2 永作博美 クロエ

眠っている飼い主を起こすために、ベッドの上に座り込んで可愛い鳴き声を発し、激しい猫パンチを浴びせ、さらには一際大きな鳴き声をあげるクロエが、最終的に大きな毛玉を吐き出して飼い主をげんなりさせるシーンや、クロエが「飼い主がマタタビをちょっぴりくれすぎちゃったかも~」とまるで酔っ払いのようになり、ギジェットに猫なで声で絡むシーンが収められている。猫ならではの行動の数々に猫を飼ったことのある人が“あるある”と頷くキュートな映像となっている。

前作に続きクロエを演じる永作は「またクロエを演じられてとても嬉しいです。家族を含めて『ペット2』が公開されることに喜んでいます。設楽さんと同じく特に子どもたちが喜んでるんですけど、前作の時からクロエが私だと信じてもらえてなくて(笑)」とコメント。

ペット2 永作博美 クロエ 映像

約3年ぶりにクロエを演じる本作の収録については「役者は身体も同じ私なんだけど、声優は声だけでの表現するんだなぁ、って、当たり前だけど(笑)。改めてその領域に面白さと難しさとをしみじみと感じています。特にクロエは可愛らしいふくよかさとキレッキレの頭脳。複雑て沢山の表情があるので、仲間達との会話が楽しいです」と手ごたえを感じながら行っていることを明かし、最新作に向けて「クロエに活躍してほしいのはもちろんありますが、猫ならではのプライドや知識が映画の中で出てくるのか、どのように生活をよりエンジョイしているのか楽しみです!」と期待のコメントを寄せた。

また、今回の映像公開とともにギジェット役を沢城みゆきが続投することも明らかとなっている。映画は2019年夏、全国公開。

(C)Universal Studios.



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >