2019/03/02 11:00

ギャップだらけの女優・川口春奈から目が離せないっ!

画像は川口春奈Instagramのスクリーンショット

坂口健太郎主演のドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」(日本テレビ系)でヒロインの新人若手弁護士を演じ、3月1日より公開の『九月の恋と出会うまで』では高橋一生とW主演をつとめるなど、2019年も順調に女優活動を続ける川口春奈。

14歳で第13代目リハウスガールに選ばれ、「三井のリハウス」「ポカリスエット」などのCM出演で一躍有名になってから、女優として多数のドラマや映画に出演している。キリッとした顔立ちから“クールビューティー”“清純派”なイメージのある川口だが、ここ数年はそのイメージを覆すさまざまなキャラが明らかになっている。

極度の人見知りで友達が少なく、リア充が苦手な陰キャラ

2017年2月14日放送の「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に「トリオTHE東京に慣れない女」として登場した際、長崎県五島列島の福江島から上京して7年にもなるが、いまだに東京になじめず、芸能人の友人がほとんどいないことをカミングアウトした川口。「カフェで飲み物の写真をSNSにアップする都会人が鼻につく」「お風呂でいつも一人で会話をしている」など、華やかな見た目からは想像のつきづらい意外な“陰キャラ”を垣間見せた。

また同年7月11日放送の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)に出演した際には、「めちゃくちゃ人見知りでどうしようって感じ。本当は楽しいことが好きで、みんなと笑いたいけど踏み込めない」と打ち明けるなど、極度の人見知りぶりも話題になった。

ボサボサ髪の超自然体を披露…かと思いきや美しすぎる姿も!

そんな意外な内面を持つ川口だが、最近はさらにイメージを覆し、「ギャップが可愛い」女優に変身しつつあるようだ。

 
 
 
View this post on Instagram

ただいま。帰って来たよ。今回はカンボジアに行ってたよ。仕事じゃないんだ、ごめんよ。カンボジアはずっと行ってみたかったから思い切って無知ながら飛び込んで来たさ。海外だけじゃなく国内もそうだけど行くといろんな出会いや驚きやショックや感動って感じるけど大人になってからもたくさん感じられることがなんかすごい好きで大切なことだと思う。根暗なのにしかも時間がないのに行ったもんだから寝不足だしお腹下すしだいぶカオスだったけれど笑 いろんな景色や匂いや人や文化や歴史に触れてほんと一期一会だと思った☺︎帰ってきてトレーニングしようと意気込んでたんだけどちょっと身体がおかしいから休むよ笑 また明日からがんばる。

川口春奈さん(@haruna_kawaguchi_official)がシェアした投稿 -

昨年6月には、自身のInstagramで「思い切って無知ながら飛び込んで来たさ」とコメントしながら、単独でカンボジアに旅行に行ったことを明かした川口。旅行中、現地でたまたま出会った心優しいドライバーと、ボートデートをしたことも明かしており、これまでの人見知り・根暗な性格からはかけ離れたアクティブさにファンらは驚きを隠せなかった。

また、同じくInstagramで「海釣り」というアウトドアな趣味も披露。自身が釣ったアラカブ(カサゴ)の写真とともに、首にタオルを巻く本気の釣り人コーデをアップしている。

本気コーデを披露したものの、2019年1月15日放送の「火曜サプライズ」(日本テレビ系)で釣りの話題になった際、「でも魚は触れないんです。バタバタするのが苦手なので、人に取ってもらいます。一人で釣りに行った時に、魚を針から外せなくて糸をつけたまま帰宅しました」とお茶目な素顔も明かした。

また、2018年10月2日には、2日前に投稿したときと同じ服装、ボサボサ髪にメガネ姿で「仕事以外の私はどいひーです」といったテキストとともにアップ。この超自然体の飾らない姿に対しファンからは、「そんな春奈ちゃんが好き」「親近感がわく!」など好意的なコメントが多く投稿された。

そんな超自然体ショットを披露したかと思えば、同年12月8日には、撮影の合間と思われるバッチリメイクにセクシーな衣装の美しすぎる姿も披露している。

スケバン姿とヤンキー口調が大きな話題になった「ガキ使」出演

さらに、女優とは思えないほどのサービス精神旺盛な一面もたびたび話題になっている。昨年末の「ガキの使い! 大晦日年越しSP! 絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!」(日本テレビ系)に出演した際には、スケバン姿で「うっせえチビ!」「雑魚ヤンキーがふざけてんじゃねぇぞ! コノヤロー!」など、強烈なヤンキー口調でダウンタウンらを罵る川口の様子が放送された。そのギャップありまくりな姿に、「かわいい」「面白すぎる!」とSNSなどでも大きな話題になった。

過去に共演した玉木宏から「ちょっと二面性がある。初対面ではすごく緊張している様子なんですが、2回目に会った時はもう、ガッと豹変している」と評されたこともある川口。「イノセンス 冤罪弁護士」や『九月の恋と出会うまで』ではシリアスな演技を見せているが、2018年のドラマ「ヒモメン」(テレビ朝日系)などではコミカルな役柄にもしっかりと染まっている。彼女が素で持っている多面性こそが、どんな役柄にも対応できる幅広い演技力に繋がっているのかもしれない。

(文/猪口貴裕)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >