2019/02/27 08:00

また過激!ピエール瀧&音尾琢真『麻雀放浪記2020』で大暴れ

(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

斎藤工主演、白石和彌監督作『麻雀放浪記2020』にピエール瀧、音尾琢真らが出演していることが明らかとなった。

元五輪組織委員会・会長役×AbemaTV麻雀番組プロデューサー役

麻雀放浪記2020 ポスター

本作は、阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」をベースに映画化する作品。35年ぶりにリブートされる本作は、原作小説を原案に、設定もキャラクターも大胆にアレンジ。舞台を1945年から2020年へと移して、主人公・坊や哲がタイムスリップした未来で麻雀での死闘を繰り広げる。主演は、10年の歳月をかけて映画化を熱望していた斎藤工。メガホンをとるのは白石和彌監督。

このたび本作に、白石組の常連であるピエール瀧と音尾琢真が出演することが明らかとなった。

麻雀放浪記2020 ピエール瀧 ベッキー

ピエール瀧が演じるのは、第三次世界大戦が勃発し、開催中止となってしまった元東京五輪組織委員会・会長の杜(もり)役。音尾琢真はAbemaTV麻雀番組のプロデューサー役で、テレビも全自動麻雀卓もない1945年の日本からやってきた“坊や哲”に、“脱ぎ脱ぎ女子麻雀番組”なる番組を仕掛ける役どころ。2人は『日本で一番悪い奴ら』『サニー/32』『孤狼の血』と過去3作に渡り白石監督作で共演しており、本作は白石組として4作目の共演となる。

今回の出演にピエールは「白石監督の作品にまた出演できて嬉しく思います。白石さんの演出は『この人ふざけているのか?』と思わされる事が多いのですが、今回は確実にふざけてました。本編のできが楽しみです」とコメント。

麻雀放浪記2020 音尾琢真

一方、音尾は「白石和彌監督に、今回も出演を熱望したところ、麻雀番組のプロデューサーという栄えある役を頂きました。白石作品への出演は前人未踏の6作品目。いつも感謝しています、ありがとうございます。この場を借りて(笑)そのせいか、監督からシマウマの鳴き声を出してください、などと無茶振りをされましたが、粛々と応えてまいりました」と白石監督作品の名物となっている“音尾イジリ”も過去最高の過激さと面白さであったことを明かしている。

また白石監督も「大真面目に奇想天外なコメディを作るに当たり、瀧さんと音尾さんは必要不可欠な方々でした。真摯にくだらないことをしてくれて愛を感じました。いつも出て頂いてありがとうございます」とコメントを寄せている。映画は2019年4月5日(金)より全国ロードショー。

(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >