2019/03/06 04:00

竹内まりや『ダンボ』日本版エンドソングを担当!コーラスに山下達郎

(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

ディズニー・アニメーションの同名作品をベースに、ティム・バートン監督のメガホンで実写映画化する『ダンボ』の日本版エンドソングを竹内まりやが担当することが決定。本編映像を使用したミュージックビデオが公開となった。本楽曲で竹内は翻訳監修も手がける。

『ダンボ』日本版エンドソングを竹内まりやが唄う

本作は、ディズニー・アニメーションの名作『ダンボ』をベースにオリジナル脚本で実写映画化する作品。ティム・バートン監督のメガホンによって、独特な映像美と世界観でファンタジックに描く。キャストにはコリン・ファレル、マイケル・キートン、エヴァ・グリーンら豪華俳優陣が名を連ねる。

このたび竹内まりやが歌うエンドソング「ベイビー・マイン」は、ウォルト・ディズニーが贈りだした『ダンボ』の劇中歌で、母親象のジャンボが、“大きすぎる耳”を持つ子象ダンボへの溢れるほどの“愛情”を美しいロディに乗せて歌う珠玉のバラード。第14回アカデミー賞では歌曲賞にノミネートされ、これまでも多くのアーティストがカバーするなど世界中で歌い継がれてきた名曲だ。

今回の起用について竹内は「娘が幼い頃大好きだった『ダンボ』のビデオを一緒に観るたびに、『Baby Mine』の歌のシーンでいつも涙したものです。まさか30年後に、この曲を私が歌う日が来ようとは! 懐かしいあの時代を思い出しながら、心を込めて歌わせていただきました」とコメント。今回エンドソングを担当するにあたり、竹内自らが歌詞の翻訳監修を手がけ、ティム・バートン監督が“新たな物語“として描いた本作の「あなたはそのままでも輝いている、決してひとりじゃない」というメッセージが、優しく温かい言葉で綴られる。

さらに、本楽曲では竹内のパートーナーでもある山下達郎がバッキングコーラスとして参加する。映画は2019年3月29日(金)より全国公開。

(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >