2019/03/06 07:00

ついに判明『決算!忠臣蔵』のキャストが豪華すぎる…!

(C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

主演・堤真一、共演に岡村隆史で新たな忠臣蔵を描く、中村義洋監督『決算!忠臣蔵』の第2弾キャストが発表となった。濱田岳、妻夫木聡、荒川良々、石原さとみ、竹内結子、西村まさ彦、寺脇康文、上島竜兵、堀部圭亮、山口良一、鈴木福、千葉雄大、滝藤賢一、笹野高史と豪華俳優陣が集結する。

中村組を彩った超豪華俳優陣が大集結『決算!忠臣蔵』

本作は、江戸時代研究の第一人者である東大教授・山本博文による『「忠臣蔵」の決算書』を映画化する作品。これまで幾度も映像化されてきた「忠臣蔵」を、“予算”を軸に新たなアプローチで描く。メガホンをとるのは、『殿、利息でござる!』『忍びの国』など、近年時代劇でもヒット作を連発する名匠、中村義洋監督。今回は自身で脚本も手がける。

主演・大石内蔵助を演じるのは堤真一。主君の仇を晴らす為、四十七士を率いるお馴染みの人物を金欠に悩まされるリーダーとして演じる。そして、大石内蔵助を支える勘定方・矢頭長助にはナインティナインの岡村隆史。舞台となる赤穂藩は現在の兵庫県に位置することもあり、本作では関西出身の2人が関西弁で演じる。

決算!忠臣蔵 キャスト

(C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

このたび発表となった第2弾キャストは、これまで中村組を彩った総勢14名。それぞれの役どころは以下の通り。

俳句や茶道に通じ、討入りに必要な吉良邸の情報を手に入れる大高源五(おおたか・げんご)に濱田岳、内蔵助の軍師・参謀として仕え、討入りの作戦を立てる菅谷半之丞(すがや・はんのじょう)に妻夫木聡、江戸住みで、討入り推進派の剣豪・堀部安兵衛(ほりべ・やすべえ)に荒川良々。

内蔵助を優しく時に厳しく支え続ける愛妻・りくに竹内結子、内匠頭の妻で、内蔵助を叱咤激励し、亡き夫の仇討を支援する瑤泉院(ようぜんいん)に石原さとみ、内蔵助の副将として一貫して補佐し続けた、吉田忠左衛門(よしだ・ちゅうざえもん)に西村まさ彦、真面目で公平実直な大目付・間瀬久太夫(ませ・きゅうだゆう)に寺脇康文。

元赤穂藩藩士・早川惣介(はやかわ・そうすけ)に上島竜兵、江戸住みの赤穂藩士たちが集い、討入りを応援するそば屋『いづみや』の主人・長次(ちょうじ)に堀部圭亮、広島藩の浅野家本家の用人・井上団右衛門(いのうえ・だんえもん)に山口良一。

内蔵助の息子で、四十七士最年少である大石主税(おおいし・ちから)に鈴木福、江戸幕府の役人で、内匠頭が切腹した際の介錯人・磯田武太夫(いそだ・たけだゆう)に千葉雄大、大垣藩藩主で内蔵助に討入りをやめさせる進言をする戸田采女正(とだ・うねめのしょう)に滝藤賢一、瑤泉院付の用人で内蔵助とのパイプ役になる落合与左衛門(おちあい・よざえもん)に笹野高史。

中村義洋監督は「好きな人、尊敬できる人、僕が考えるよりそっちの方がスゲェってお芝居を持ってくる人……そういう方々と再びご一緒できるのはこの仕事を続けていく上での醍醐味の一つである一方、お任せしておけば僕の仕事も大幅に減るという大変有り難い方々なわけですが、今回、あの忠臣蔵を描くにあたり『気負わない』と決めていたはずなのに、いざインしてしまうともっともっとと欲が出て、こうして再会した方々にも執拗に『もういっちょ!』『もう一越え!』とテイクを重ねてしまいました。大変申し訳ありません。皆様もまた想像の遥か上をいくお芝居で、これまでの忠臣蔵をいい意味でぶっ壊しつつ、実在の人物について嘘はついていないという、絶妙な存在感で演じていただきました。本当にありがとうございます」とコメントを寄せている。映画は2019年冬、全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >