2019/03/21 10:30

今週ナニみる?「新作シネマ」3/21・22公開分

『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(C)「2019 L♡DK」製作委員会

週末に公開される新作映画の中から、dmenu映画編集部がセレクトした作品をお届けする『週末シネマ☆PICKUP』。3月21〜22日に公開される最新作を紹介! 見逃し厳禁な最新映画をお届けします。

L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。(3月21日公開)

【あらすじ】
高校2年生の西森葵(上白石萌音)は、ある事件をきっかけに学校一のイケメン・久我山柊聖(杉野遥亮)と突然同居することになり、反発しつつも次第に惹かれあっていく。やがて彼氏彼女として親密な生活を送るようになったふたり。そんな時、突然柊聖の従兄弟・久我山玲苑(横浜流星)が転校してきた! あるきっかけで3人での同居を提案する柊聖。波乱の同居生活が始まった――

渡辺あゆの少女漫画「L♡DK」が待望の第2弾実写映画化! 上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星ら、今話題のキャストたちが集結し、新たなキャストで描くのは、大好きな彼氏と彼氏の従兄弟の二人のイケメンに迫れられる超至近距離ラブストーリー。


PRINCE OF LEGEND(3月21日公開)

【あらすじ】
セレブ中のセレブが集う名門・聖ブリリアント学園にて、3年に一度開催される“伝説の王子選手権”。この選手権で優勝した者ただ一人だけが、伝説の王子として認められる。そして今、三代目伝説の王子の座を巡り、14人の王子たちがここに集結する。「伝説の王子になった人と、お付き合いしようかな」王子たちの憧れの存在である果音(白石聖)のこの一言がきっかけとなり、かつてない王子たちの聖戦<プリンスバトル>の火ぶたが切られる――

すべての女子たちの“シンデレラ願望”を叶える、刺激的かつ極上のプロジェクトが誕生! GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太、佐野玲於、劇団EXILEの鈴木伸之、吉野北人、町田啓太、清原翔らが出演。メガホンを取るのは『シーサイドモーテル』の守屋健太郎監督。

バンブルビー(3月22日公開)

【あらすじ】
父親を亡くした哀しみから立ち直れないチャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)は、18才の誕生日に廃車寸前の黄色い車を見つけた。しかし、その車は突如、変形《トランスフォーム》してしまう。お互いに危害を加えないことを理解した瞬間、似たもの同士のふたりは急速に距離を縮める。チャーリーは記憶と声を失い“何か”に怯える黄色の生命体にバンブルビーと名前をつけて、かくまうことに決める。ボロボロに傷ついたバンブルビーと、心に傷を抱えたチャーリー。思いがけない友情が芽生えるのだが、しかし、予測不能の事態に巻き込まれていくのだった――

「トランスフォーマー」の人気キャラ・バンブルビーを主人公にしたシリーズ最新作。1作目『トランスフォーマー』の20年前、“ドジだけど優しい”バンブルビーのこれまで語られることのなかった地球到来の秘密がついに明かされる。


ブラック・クランズマン(3月22日公開)

【あらすじ】
1970年代半ば、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署初の黒人刑事、ロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は、署内の白人刑事から冷遇されるも捜査に燃える。情報部に配属されると、過激な白人至上主義団体・KKKのメンバー募集に電話をかけ、徹底的に黒人差別発言を繰り返して入会の面接まで進んでしまう。騒然とする署内。「KKKに黒人がどうやって会うんだ?」そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライバー)に白羽の矢が立った。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのか――

カンヌ国際映画祭グランプリ受賞し、本年度の米アカデミー賞で脚色賞受賞してスパイク・リーにオスカーをもたらした話題作。同名ノンフィクション小説を、ジョン・デヴィッド・ワシントン×アダム・ドライバーのタッグで映画化! 観るものに強烈なメッセージを残すリアル・クライム・エンターテインメント。


ビリーブ 未来への大逆転(3月22日公開)

【あらすじ】
貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグ(フェリシティ・ジョーンズ)は、名門ハーバード法科大学院に入学する。1956年、500人の生徒のうち女性は9人で女子トイレすらなかった。家事も育児も分担する夫のマーティ(アーミー・ハマー)の協力のもと主席で卒業するが、女だからというだけで雇ってくれる法律事務所はなかった。やむなく大学教授になったルース。それでも弁護士の夢を捨てられない彼女に、マーティがある訴訟の記録を見せる。ルースはその訴訟が、歴史を変える裁判になることを信じ、自ら弁護を買って出るのだが――

50年前のアメリカで弁護士のルース・ギンズバーグが挑んだ、史上初の男女平等裁判の実話を元にした作品。ルースを演じるのは『博士と彼女のセオリー』のフェリシティ・ジョーンズ。メガホンを取るのは『ディープ・インパクト』のミミ・レダー監督。


新作が続々登場!劇場で最新映画はいかが?

どれを観るのか? どれから観るのか? 迷うものばかり! 映画館で最新作とともに最高のひとときを。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >