2019/03/27 07:00

松重豊、ついに映画初主演!妻役は北川景子『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』

(C)2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会

ヒキタクニオの『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』が、松重豊主演で映画化されることが明らかとなった。名バイプレーヤーとして知られる松重豊は本作が映画初主演。妻役は北川景子がつとめる。

男性不妊を真正面から描いたエッセイが映画化

ヒキタクニオ(松重豊)、49歳。職業、作家。二回り近く年の離れた愛する妻・サチ(北川景子)と仲良く2人で暮らしている。サウナとビールが大好きで、ジム通いのおかげでいたって健康体。子どもは好きだけど、自分たちの子どもは作らずに2人だけで生きていくと決めていたが、ある日「ヒキタさんの子どもに会いたい」と妻は言った。その一言がきっかけで妊活を始めるも、なかなか結果は出ず……クリニックでの検査の結果、不妊の原因はヒキタ自身にあることが判明! そこからヒキタ夫妻の悲喜こもごもの妊活の日々が始まる――

本作は作家・ヒキタクニオが自らの体験を基に書き上げた同名エッセイを映画化する作品。“男性不妊”を真正面から描いた原作を、細川徹監督が、ユーモアを交えながら抒情的に描き出す。

主人公のヒキタさんを演じるのは、名バイプレーヤーとして数々の作品で個性豊かな役を演じてきた松重豊。本作が映画初主演となる。男性不妊という現実にショックを受けながらも、それを受け止め、夫婦で力を合わせ、全力で妊活に取り組むヒキタの姿を、時に頼もしく、時にコミカルに演じ、ユーモアたっぷりの愛おしきヒキタ像を演じる。

そしてヒキタと二回り近い年下の妻・サチを演じるのは北川景子。さらにヒキタの担当編集者・杉浦を濱田岳、サチの厳格な父親・和夫を伊東四朗、ヒキタ夫妻の主治医・桑島を山中崇が演じる。

なお本作は4月に開催される「第9回北京国際映画祭」のコンペティション部門に正式出品され、ワールドプレミアとして日本公開に先駆け、世界へ向けての初お披露目となる。同映画祭で日本映画のコンペティション部門出品は園子温監督『ラブ&ピース』以来2作目となる。映画は10月に全国公開。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >