2019/04/05 10:30

名作映画にこの男アリ!ジョン・C・ライリーの新作に注目

『僕たちのラストステージ』4月19日(金) 新宿ピカデリーほか全国順次公開
(C)eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018

ミニシアター系からハリウッド超大作まで、これまで数々の名作映画に出演してきた名優、ジョン・C・ライリー。『シカゴ』でアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞の助演男優賞にノミネートされたその実力から、彼が出演しているから作品を観るという映画ファンも少なくないはず。

ロマン・ポランスキー、ブライアン・デ・パルマ、マーティン・スコセッシ、テレンス・マリック、ポール・トーマス・アンダーソン、ロバート・アルトマンなどの名だたる巨匠から、ヨルゴス・ランティモス、リン・ラムジーなど今をときめく実力派まで、世界中の映画監督から愛され、近年では『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』や『キングコング:髑髏島の巨神』等の話題作のほか、世界中で大ヒットを記録したアニメ映画『シュガー・ラッシュ』シリーズで主人公ラルフの声を担当するなど、53歳の今もなおジャンルを問わず活躍の幅を広げている。そんな彼が主演する映画が今年立て続けに公開される。

2人組コメディアンのパイオニア的存を体現

まず公開となるのが、“キャリア史上最高の演技”と絶賛され、2019 ゴールデン・グローブ賞(コメディ/ミュージカル部門)主演男優賞にもノミネート、全英初登場1位を記録した4月19日(金)より新宿ピカデリーほか全国順次公開となる『僕たちのラストステージ』。

僕たちのラストステージ

『僕たちのラストステージ』4月19日(金) 新宿ピカデリーほか全国順次公開
(C)eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018

本作はハリウッドでサイレントからトーキー期に活躍した伝説のお笑いコンビ、ローレル&ハーディの晩年の実話を描いたヒューマンコメディ。ローレル&ハーディはチャップリンやバスター・キートンと並んで、世界中のファンから愛され、生涯で100本以上の映画に出演し、日本でも“極楽コンビ”の名で何作か作品が公開された2人組コメディアンのパイオニア的存在。今日まで彼らの影響を受けていないコメディアンはほとんど存在しないと言われている。

本作でライリーが演じるのは、ふくよかで陽気なツッコミ担当のオリバー・ハーディ。出演の依頼がきた際は「この役を演じることには大きな責任が伴う。オリバーは私のヒーローでもあるから」と躊躇しつつ「だからといって他の人にこの役を任せることはできない。引き受けるのは正直怖いが、この役をできるのは私しかいない」と強い決心をして、人気絶頂の全盛期から再起をかけた晩年までのオリバーを、特殊メイクの力も借り見事に演じきった。

僕たちのラストステージ

『僕たちのラストステージ』4月19日(金) 新宿ピカデリーほか全国順次公開
(C)eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018

細身で皮肉屋のボケ担当の相方スタン・ローレルを演じ、本作で英国アカデミー賞(BAFTA)賞主演男優賞にもノミネートされたスティーヴ・クーガンとは初共演であったが、スタンは「誰がオリバー・ハーディの候補に挙がっているのか聞いて、ジョン・C・ライリーの名を聞いた時にこう伝えた。『彼が引き受けるなら、私も引き受けるよ』」とキャスティングの段階からライリーに信頼を寄せており、撮影を通して2人は本物の友人になったというエピソードも。

監督は『フィルス』で数々の賞を受賞したジョン・S・ベアード。米英を代表する名優が起こす笑いの化学反応をぜひスクリーンで。

最強と呼ばれる凄腕の殺し屋

続けて7月5日より公開となるのが、フランスの鬼才ジャック・オーディアールが手がけた『ゴールデン・リバー』。ゴールドラッシュにわく1851年のアメリカを舞台に、無骨で優しい兄・チャーリーと好戦的な弟・イーライという誰もが恐れる最強の殺し屋兄弟が、連絡係の男とともに、黄金を探す方法を知る化学者を追うという、サスペンス要素も兼ね備えた人間ドラマ。

本作でライリーが演じるのは、最強と呼ばれる凄腕の殺し屋“シスターズ兄弟”の兄イーライ。弟チャーリーを『ザ・マスター』のホアキン・フェニックス、連絡係を『ブロークバック・マウンテン』のジェイク・ギレンホール、化学者を『ヴェノム』のリズ・アーメッドなど、豪華俳優陣が共演している事でも話題に。本作はヴェネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)、セザール賞4冠も受賞している。

『カジュアリティーズ』での映画デビュー以来、ジャンルを問わず多くの作品に出演し、映画ファンの心を掴んで離さないジョン・C・ライリー。ある時は伝説のコメディアン、またある時には最強の殺し屋と、作品ごとに魅せるカメレオン俳優ぶりは必見。年齢を重ねても映画界、そしてファンから愛される名優ジョン・C・ライリーから今後も目が離せない。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >