2019/04/05 14:37

あの名セリフも登場!?『ターミネーター:ニュー・フェイト』11月に日本公開へ

(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

シリーズ最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』(原題・TERMINATOR:Dark Fate)が11月に日本公開されることが明らかとなった。

シュワルツネッガー「I'll be backはもちろん言ってる」

本作では『ターミネーター』の生みの親でありながら、シリーズ最大のヒット作『ターミネーター2』以降、シリーズへの直接的な関与がなかったジェームズ・キャメロンが製作に復帰。彼自身が製作・監督・脚本を務めた『ターミネーター2』のその後の世界を描く正当な続編となる。

シリーズの看板キャラクター、ターミネーターT-800を演じるアーノルド・シュワルツネッガーに加え、人類抵抗軍を率いるジョン・コナーの母 サラ・コナーを『ターミネーター』『ターミネーター2』で演じ、以降「脚本が魅力的ではない」という理由でシリーズへの出演を断ってきたリンダ・ハミルトンが出演する。また『オデッセイ』『ブレードランナー2049』で注目を集めた若手女優マッケンジー・デイヴィスが出演する。メガホンを取るのは『デッドプール』のティム・ミラー監督。

全米劇場所有者 協会主催のシネマコンで会見するアーノルド・シュワルツネッガー(写真右)

現在、アメリカのネバダ州ラスベガスで行われている全米劇場所有者協会(NATO)が主催するコンベンション、シネマコンで現地時間4月4日午前10時より行われた発表会でアーノルド・シュワルツネッガーは「もちろん、アイル・ビー・バック、アスタ・ラ・ビスタ・ベイビーって言っているよ。他に何があるんだ?」とコメントしている。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >