2017/03/01 15:20

全裸乱入や遺灰を撒く事件も…!? アカデミー賞歴代ハプニング

転んだ瞬間のジェニファー・ローレンス(Getty Images)

第89回アカデミー賞授賞式が2月26日(現地時間)、開催されましたね。最大の注目ポイントであり、式の大トリを飾る作品賞発表で、プレゼンターのウォーレン・ベイティーとフェイ・ダナウェイが『ラ・ラ・ランド』と読み上げ、『ラ・ラ・ランド』関係者がスピーチしている途中で、実は作品賞は『ムーンライト』だったことが判明し、スピーチが遮られるという前代未聞の大ハプニングが起きて、会場は一瞬、混乱に陥りました。こんな滅多にない大ハプニングとまではいかないまでも、これまでにアカデミー賞で起きた歴代ハプニングをご紹介します。

■晴れ舞台で自分のドレスの裾を踏んで転倒!

2013年、『世界にひとつのプレイブック』で、22歳という若さで主演女優賞を受賞したジェニファー・ローレンス。名前を呼ばれ、オスカー像を受け取るために栄光のステージに上がろうとした、まさにその瞬間、自分のドレスの裾を踏みつけて階段の途中で転倒してしまいました。いつもは政治的発言も物怖じせずしている堂々としたジェニファーでも主演女優賞受賞+みんなの前で派手に転ぶというアクシデントで動揺したのか、転んだ自分に駆け寄ってくれたヒュー・ジャックマンに全く気付かずスルー、スピーチで監督やプロデューサーの名前を言い忘れるというミスをしてしまいました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >