2017/03/28 14:10

星野源に第9回伊丹十三賞!「人生を丸ごと認めていただいたように嬉しい」

第9回伊丹十三賞を受賞した星野源
第9回伊丹十三賞を受賞した星野源

 [映画.com ニュース] 俳優、シンガーソングライター、文筆家と多方面で活躍する星野源が、第9回伊丹十三賞を受賞した。星野は、「こうして伊丹十三賞をいただけたことは、身に余る光栄であり、人生を丸ごと認めていただいたように嬉しいです。これからも手探りで活動を続けたいと思います。本当に、有難うございます」と喜びのコメントを寄せている。

 埼玉出身の星野は、学生時代に音楽と演劇活動を開始し、2013年に初主演映画「箱入り息子の恋」や園子温監督作「地獄でなぜ悪い」で、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。NHK大河ドラマ「真田丸」や「コウノドリ」などドラマ出演も続くなか、16年に新垣結衣との共演作「逃げるは恥だが役に立つ」で“逃げ恥ブーム”を巻き起こした。

 ミュージシャンとしては、「逃げ恥」の主題歌「恋」を手がけ、こちらも大ヒット。ドラマキャストが踊る「恋ダンス」を真似するファンが続出した。同曲を引っさげて、「第67回NHK紅白歌合戦」にも出場(2年連続)するなど、その年の“顔”ともいえる活躍を見せた。現在は、声優として主演を務めた「夜は短し歩けよ乙女」が公開待機中。また3月30日には、最新エッセイ集「いのちの車窓から」を発表する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >