2017/03/29 17:00

マレーシアの国民的歌手アディバ・ヌール、ヤスミン・アフマド監督の思い出語る

(C)Primeworks Studios Sdn Bhd
(C)Primeworks Studios Sdn Bhd

 [映画.com ニュース]マレーシアの女性監督ヤスミン・アフマドの遺作になった「タレンタイム 優しい歌」の劇場公開を記念し、本作のほかアフマド監督の作品に出演したマレーシアの国民的歌手アディバ・ヌールが来日、このほど作品やアフマド監督との思い出を語った。

 2009年に51歳の若さで急逝したアフマド監督は、マレー系、インド系、中国系など民族や宗教が異なる人々が暮らす多民族国家マレーシアを映した長編6作品を発表。「細い目」(2004)では、東京国際映画祭最優秀アジア映画賞を受賞。遺作となった「タレンタイム」は、音楽コンクールに挑戦する高校生を描いた群像劇で、アフマド監督の最高傑作との呼び声高く、自主上映が続けられ、上映のたびに満席が続出。8年の時を経て初の劇場公開となった。

 ヌールとアフマド監督との出会いは、広告業界で働いていたアフマド監督が手がけたCMに出演したことがきっかけ。それまで、本格的な演技経験はなかったが「『細い目』の脚本を渡され、私以外にイメージが浮かばないといわれたのです」と話す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >