2017/04/26 16:00

ジョン・ウー監督、日本映画界のスタッフを絶賛「ハリウッドに負けていない」

来日したジョン・ウー監督
来日したジョン・ウー監督

 [映画.com ニュース] 配給会社・ギャガの2017~18年ラインナップ発表会が4月26日、都内で行われた。今年の目玉は、福山雅治とチャン・ハンユーがダブル主演したジョン・ウー監督作「追捕 MANHUNT(原題)」。来日中のウー監督が登壇し、日本映画へのリスペクトの念や、故高倉健さんへの思いなどを語った。

 同作は西村寿行氏の小説「君よ憤怒の河を渉れ」の再映画化。佐藤純彌監督、高倉さん主演で1976年に製作された際には、中国でも社会現象を巻き起こす大ヒットを記録した。ウー監督は「子どものころから日本映画が大好きで、その影響をかなり受けています」と明かしたうえで、「残念ながらこの世を去ってしまい、とても悲しくつらい思いでした。なんとか彼の作品を映画化したいと思っていたところ、映画会社の方から『追捕を映画化しないか』と言われ、一も二もなく受けさせていただきました」と振り返った。

 全編大阪・九州ロケを敢行しているだけに、「健さん以外にも60年代、70年代の日本映画へのリスペクトしておりましたし、いつか日本で撮影したいという夢がありました。今回実現できて、とても嬉しいです」とニッコリ。続けて「日本のスタッフのプロ意識はハリウッドに負けていない。規律を守り、それでいて人間味があるという精神は、尊敬に値します」と絶賛し、「驚いたことに、エキストラの方々も役者に近い演技力を持った方々が大勢来てくれる。さらに95%の方々がボランティアで来てくれていたことは、40年間映画を撮ってきて初めてです。逆に、この作品を良い映画にしないと、その方々に申し訳ないです」と褒めちぎっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >