2017/04/27 08:00

メル・ギブソン監督作「ハクソー・リッジ」予告編解禁!戦地で救助に徹した兵士の実話

アンドリュー・ガーフィールドは 本作でオスカー候補に (C) Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016
アンドリュー・ガーフィールドは 本作でオスカー候補に (C) Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

 [映画.com ニュース] メル・ギブソン監督、アンドリュー・ガーフィールド主演のアカデミー賞受賞作「ハクソー・リッジ」の本予告と本ポスターが、解禁された。

 第2次世界大戦下の沖縄・前田高地(米国での総称ハクソー・リッジ)で、75人の命を救った実在の米軍衛生兵デズモンド・ドスの軌跡を描く。「アバター」のサム・ワーシントン、「X-ミッション」のルーク・ブレイシー、「ライト/オフ」のテリーサ・パーマー、「マトリックス」「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのヒューゴ・ウィービングらが脇を固める。

 予告編では、「武器を持たない」と心に誓い軍に入隊した青年ドス(ガーフィールド)が、「殺すのが戦争だ」と上官に命令され、軍法会議にかけられても信念を貫くさまがドラマチックに描かれると共に、命が次々と奪われる激戦地に乗り込み、銃弾の雨が降り注ぐなか負傷者を必死に救助する姿を迫力の映像で映し出している。「沈黙 サイレンス」で新境地を開拓したガーフィールドが、「家に帰してやる」と戦場を駆け抜け、爆発寸前の手りゅう弾を手で払うなど身をていして命を救い続けたドスの気高い生きざまを全身全霊で表現。予告編は、ボロボロになりながらもドスが「もう1人助ける」と兵士を背負って突き進むシーンで幕を閉じる。

 ポスターでは、“臆病者”と揶揄(やゆ)されながらも自身が誇る生き方に徹したドスの姿が、激戦地の生々しい光景と共に描かれている。

 「ハクソー・リッジ」は、6月24日から全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >