2017/05/19 19:00

健太郎、初主演「デメキン」撮影現場で見せた座長としての気迫と覚悟

初座長を務めた健太郎 (C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ (C)2017 映画『デメキン』製作委員会
初座長を務めた健太郎 (C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ (C)2017 映画『デメキン』製作委員会

 [映画.com ニュース]俳優の健太郎が長編映画初主演を果たした「デメキン」の撮影現場が、2017年2月末に千葉・君津市のアクアスタジオで報道陣に公開された。クランクアップ間近だった撮影の合間を縫い、健太郎が取材に応じた。

 同作は、お笑いコンビ「バッドボーイズ」の佐田正樹が自らの不良時代をつづった小説を実写映画化。10年からは「ヤングチャンピオン」(作画:ゆうはじめ)で漫画版が連載され、コミックが累計発行部数170万部を突破した人気作だ。幼少期からギョロっとした二重まぶただったために“デメキン”と呼ばれ、周囲からいじめられていた佐田正樹が、福岡最大勢力の暴走族を率いる総長へと登りつめるさまを描いている。「アルカナ」「猫侍」の俊英・山口義高監督がメガホンをとり、「14の夜」で健太郎とタッグを組んだ足立紳が脚本を担当している。

 撮影現場を度々訪れていた佐田本人から「(当時の)リアルな気持ちを教えてもらった」という特攻服姿の健太郎は、身も心も“伝説の総長”そのもの。「佐田さんが楽しく生きてきた人生をないがしろにしてはいけない」という強い思いを抱えながら、キャラクターと同化していった。「正樹はただ強いだけではなくて、人を惹きつける魅力があるんです。だから総長にもなれたはず」と分析し、演技をするうえで「愛らしさを重視しました。ケンカをした後に見せる笑顔を大事にしています」と語っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >