2017/05/24 05:00

岡田准一VS西島秀俊、初共演!木村大作監督3作目は“美しい”時代劇「散り椿」

 [映画.com ニュース] 日本を代表するキャメラマン・木村大作の監督第3作が、葉室麟氏の名作「散り椿」(角川文庫刊)に決まり、主演を岡田准一が務めることが明らかになった。

 木村監督にとっては、「劔岳 点の記」「春を背負って」に続くメガホン。黒澤明監督作「隠し砦の三悪人」の撮影助手からキャリアをスタートさせ、「用心棒」「椿三十郎」と黒澤監督に従事してきた木村監督が、満を持して時代劇に初挑戦する。脚本は、「影武者」「乱」「夢」「まあだだよ」など黒澤監督のもとで長年にわたり助監督を務め上げ、監督デビュー作「雨あがる」以降、「阿弥陀堂だより」「蜩ノ記」など良作を手がけてきた小泉堯史が担当。“世界のクロサワ”を知る名匠2人が、初めてタッグを組む。

 降旗康男監督作「追憶」に続き、木村監督のもとで映画作りに邁進する岡田が演じるのは、かつて藩を追放されながらも妻の最期の願いを胸に、藩の不正や権力に立ち向かっていく男・瓜生新兵衛。5月15日にクランクインしているが、「木村大作監督が77歳という年齢になって最高傑作を撮りたい。しかも監督が若かりし頃、近くで見てきた黒澤明監督への畏怖と挑戦という気持ちから『美しい時代劇』を撮りたいという、そんな監督の思い描く『美しい時代劇』にお声かけいただき、こんなに嬉しいことはないです」と喜びをかみ締めている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >