2017/05/24 12:01

松田龍平、長谷川博己がカンヌに登場 黒沢清監督「散歩する侵略者」お披露目

カンヌのレッドカーペットに登場! (C)Kazuko Wakayama
カンヌのレッドカーペットに登場! (C)Kazuko Wakayama

 [映画.com ニュース]カンヌ映画祭の開催5日目を迎えた5月21日、ある視点部門に出品された黒沢清監督の「散歩する侵略者」が上映され、監督とともにキャストの松田龍平、長谷川博己が登壇した。映画祭のジェネラル・ディレクター、ティエリー・フレモーから「日本を代表する偉大な監督のひとり」と紹介を受けた黒沢監督は、「この作品は娯楽映画です。笑いもあり、涙もあり、サスペンスもある、楽しい作品に仕上がっています。ただ、その中にあるかすかな個性のようなものをカンヌ映画祭がめざとく発見してくれました。映画というものは、俳優やスタッフ、その時代などがたった一度だけ出会い、そのとき限りに作られる芸術なので、個性を発見されるのが一番の名誉だと思っています。みなさんにも、この映画のなかの特別な何かを感じて頂けたらとても嬉しいです」と語った。

 その後松田がおもむろに、「緊張しています。メルシー!」と語ると会場には笑いと暖かい拍手が沸き起こった。松田は続いて「黒沢さんからはたくさんの影響を受けました。監督と長谷川さんと3人で、ここでみなさんに会えたことをとても幸せに思います」と語った。その後マイクを渡された長谷川は、いきなりフランス語で「ボンソワール、わたしの名前は“イロキ・アセガワ”」と、Hを発音しないフランス語流に発音。さらに日本語で、「でも本当はヒロキ・ハセガワといいます。この場に立てて、嬉しいです。憧れの黒沢監督の作品に出ることができ、素晴らしい演出も受けましたし、こうやってカンヌ映画祭というご褒美があったりすること自体、凄いことだと今あらためて感じています。楽しんで下さい」と語り拍手を浴びた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >