2017/05/26 12:00

リブート版「チャーリーズ・エンジェル」、2019年夏全米公開が決定

2000年公開の「チャーリーズ・エンジェル」 写真:Album/アフロ
2000年公開の「チャーリーズ・エンジェル」 写真:Album/アフロ

 [映画.com ニュース] 女優・監督のエリザベス・バンクスがメガホンをとるリブート版「チャーリーズ・エンジェル」が、2019年6月7日に全米公開されることが決定した。米ソニー・ピクチャーズが発表した。

 1976年から81年にかけて米ABCで放送された、3人の美人探偵の活躍を描いた人気テレビシリーズの映画版「チャーリーズ・エンジェル」は、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リュー主演で2000年に公開され、大ヒットを記録した。2003年には同じキャストで続編「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」も製作されたが、こちらは前作ほどの評価を得られず、さらなるシリーズ化はならなかった。

 女優としても実力派のバンクスは、全米大ヒット作「ピッチ・パーフェクト2」で監督デビューを果たしており、プロデューサー兼監督としての手腕にも業界の注目が集まっている。なお、リブート版に主演するキャストはまだ明らかになっていない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >