2017/05/29 13:00

ソフィア・コッポラ新作「The Beguiled」は詩的な映像美に満ちた意欲作

 [映画.com ニュース] 第70回カンヌ国際映画祭も終盤を迎えた5月24日(現地時間)、ソフィア・コッポラの「The Beguiled(原題)」がコンペティション部門で公式上映された。コッポラ監督を囲んでコリン・ファレル、ニコール・キッドマン、キルステン・ダンスト、エル・ファニングら華やかなキャストがレッドカーペットに顔を揃えた。

本作は、ドン・シーゲルが1971年にクリント・イーストウッド主演で映画化した「白い肌の異常な夜」のリメイク。だが、コッポラ自身はリメイクという言葉は使いたくないようだ。確かにオリジナルがイーストウッド扮する主人公の視点だったのに対し、本作は主人公を取り囲む女性陣の視点から描かれている。

南北戦争の負傷兵が森のなかで、女性ばかりの寄宿舎に運ばれ手当を受けるうち欲望の対象となり、女性たちの関係性が変化していく物語。心理ドラマにホラー的な要素、ときにユーモアも混ざったこれまでのコッポラ作品とは一味異なる趣向である。と同時に、美術や衣装などが壮麗で、詩的な映像美に満ちている。カンヌのレッドカーペットは鮮やかな衣装をまとった女優陣たちの競演が目を楽しませてくれた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >