2017/05/30 10:00

三島由紀夫に「ロックを感じた世代」リリー・フランキー&吉田大八が挑んだ異色SF

(C)2017「美しい星」製作委員会
(C)2017「美しい星」製作委員会

 [映画.com ニュース]三島由紀夫の異色SF作を、「桐島、部活やめるってよ」「紙の月」の吉田大八監督が大胆な脚色で映画化した「美しい星」が公開中だ。火星人であると覚醒し、狂気の中に哀愁とおかしみを漂わせる主人公の大杉重一郎をリリー・フランキーが好演した。撮影当時の吉田監督とリリーはともに重一郎の設定と同じ52歳。三島の生きざまに「ロックを感じた世代」で、50代は「開き直って自由になれた」と言うふたりが対談した。(取材・文/編集部、撮影/間庭裕基)

―今回のキャスティングについて

 吉田 リリーさんといつかご一緒したいと思っていたところに、ちょうど重一郎と同じ年齢だということも重なって、最初からリリーさんが演じることをイメージしてシナリオを書き始めました。

 リリー 僕も、吉田さんの作品は本当に好きで。お仕事したいなという以前に、似たようなものが好きなんだなということは感じていました。こういう映画で、何かできると思っていなかったのでうれしかったです。しかも三島の作品で。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >