2017/05/30 12:00

“父親”メル・ギブソンが娘のために奔走!「ブラッド・ファーザー」9分弱の冒頭映像公開

最強の父親に扮する (C) Blood Father LLC, 2015
最強の父親に扮する (C) Blood Father LLC, 2015

 [映画.com ニュース] オスカーに輝いた監督作「ハクソー・リッジ」(6月24日公開)を控えるメル・ギブソンが、“最強の父親”に扮したアクション「ブラッド・ファーザー」の9分弱に及ぶ本編冒頭映像が、公開された。

 トレーラーハウスでアルコール中毒のリハビリを行う元犯罪者ジョン・リンク(ギブソン)の元に、数年前から行方不明になっていた一人娘リディア(エリン・モリアーティ)が助けを求めてくる。トラブルに巻き込まれ、ギャング、警察、殺し屋から追われるリディアを守るため、ジョンはこれまでの人生で培ったサバイバル術を駆使して敵を迎え撃つ。「アサルト13 要塞警察」のジャン=フランソワ・リシェ監督がメガホンをとり、「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のディエゴ・ルナ、「ファーゴ」のウィリアム・H・メイシーが脇を固める。

 映像は、ジョンが教会の自助グループの集会に参加し、過去の罪を懺悔(ざんげ)するシーンから始まる。メンバーから誕生日を祝われるも浮かない表情のジョンは、「ここでどう耐えろと? ただ朽ち果てるより、俺を見捨てた連中に1発カマしてやりたい」と親友のカービーに愚痴をこぼしつつ退屈な日常へと戻っていく。そんな折、娘から突然の電話が入り、切羽詰った様子にただならぬ事態を察知したジョンは、娘を迎えに行くべく車を走らせる。久々の再会にも笑顔はなく、重苦しい雰囲気がこの後2人に降りかかる受難を予感させる。

 疲れきって眠ってしまったリディアを抱きかかえてトレーラーハウスに運ぶなど、ジョンの不器用な愛情が印象的に描かれており、「マチェーテ・キルズ」「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」など近年悪役が多かったギブソンが、ひと味違った演技を披露している。

 「ブラッド・ファーザー」は、6月3日から全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >