2017/05/30 13:00

吉田羊、「怖い絵展」ナビゲーター就任で「自分の弱さが怖い」自作の怖い絵披露

自作の怖い絵を披露した吉田羊
自作の怖い絵を披露した吉田羊

 [映画.com ニュース] 女優の吉田羊が、「怖い絵展」のナビゲーターと音声ガイドを務めることになり5月30日、都内のホテルで行われた記者発表に出席した。

 作家でドイツ文学者の中野京子さんのベストセラー「怖い絵」シリーズの刊行10周年を記念し、そこで紹介された絵画約80点を招集。吉田は、「絵画好きというイメージは全くないと思うし、正しい絵の見方も分からなかったのですが、中野さんの本を読んで知識を得ることで絵の違った顔や解釈の可能性が広がった」と興味を示し、オファーを受諾したという。

 展示は「神話と聖書」「歴史」など6つのテーマに分けられ、その中から初来日となるドラローシュの「レディ・ジェーン・グレイの処刑」やウォーターハウスの「オデュッセウスに杯を差し出すキルケー」を推奨。「見るからに怖いけれど、その奥にもうひとつの怖さがにじみ出てくる二重構造になっています」と解説。それに絡め、自身の奥に隠された怖さについては「いっぱいありますよ。実は意地悪なんです。道を歩いていて、人とぶつかりそうになった時、ごめんなさいと言って表面は感じ良く譲るけれど、心の中で舌打ちしています」と明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >