2017/06/01 13:00

カンヌ帰りの永瀬正敏「光」エキュメニカル審査員賞受賞の瞬間を明かす

1時間以上かけてファンとじっくり交流
1時間以上かけてファンとじっくり交流

 [映画.com ニュース] 河瀬直美監督作「光」(公開中)で弱視の写真家を演じた永瀬正敏が5月31日、東京・代官山蔦屋書店で行われたトークイベントに出席した。同店では現在、写真展「映画『光』 永瀬正敏写真展 中森雅哉のその眼差し」を開催中。永瀬が実際に撮影した劇中登場写真の多くが展示されている。

 弱視が進行しているカメラマン・中森雅哉(永瀬)が、バリアフリー映画のモニター会で音声ガイドを作成する尾崎美佐子(水崎綾女)と出会い、衝突しながらも理解を深めていくラブストーリー。第70回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品され、河瀬監督がキリスト教関連の団体から贈られるエキュメニカル審査員賞を日本人女性監督として初めて受賞した。

 前日にカンヌから帰ってきたばかりという永瀬は、「カンヌでのんびりしてお茶でも飲もうとしていたら、電話が来て(エキュメニカル審査員賞を)受賞したと。監督に電話がつながらず、僕が先に聞いてしまった」と苦笑い。「監督には、僕の口から伝えたんです。『受賞しました、早く帰ってきてください!』って。授賞式に1人で行くことになっちゃいそうだったから(笑)。カンヌ映画祭で最初の発表らしくバタバタでしたが、監督は泣いていらっしゃいましたね」としみじみと振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >