2017/06/01 20:00

「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017」長編部門国際審査委員長に黒沢清監督

次世代を担うクリエイターを発掘・支援する映画祭
次世代を担うクリエイターを発掘・支援する映画祭

 [映画.com ニュース] 若手映像クリエイターの登竜門として次世代を担う才能の発掘と支援に取り組んでいる「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017」の開催概要とラインナップが6月1日、東京・平河町の都道府県会館で行われた記者会見で発表された。

 デジタルで撮影・制作された作品にフォーカスした国際コンペティション映画祭。土川勉氏がディレクターを務めている。2004年の発足から今年で14回目を迎え、85の国と地域から810本の応募の中、長編部門12作品、短編部門12作品、アニメーション部門10作品が選出された。

 長編部門には、14回目にして初のノミネートとなったアルメニア(「殺し屋狂騒曲」)、スロバキア(「リトル・ハーバー」)、ネパール(「ホワイト・サン」)の作品が選ばれ、日本からは加藤悦生監督「三尺魂」、澤田サンダー監督「ひかりのたび」、松本優作監督「Noise」が選出された。

 600本を超えるエントリーがあった長編部門の国際審査委員長を務める映画監督の黒沢清氏は、「昔、審査員同士で大ゲンカしたことがあって、それ以来映画祭の審査員は断ってきた。でも、若い監督がどんな作品を撮っているのかはいつも気になっていたので、今回12本を一気に見られるチャンスということで引き受けることにした。果たして無事に審査を終えられるのか期待と不安で、身の引き締まる思いです」と挨拶した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >