2017/06/02 17:00

来日したサモ・ハン自身が思う「最強のカンフースター」とは?

変わらない歓迎ぶりに「皆さんの応援に 感謝します」(ヘア&メイク/久保マリ子)
変わらない歓迎ぶりに「皆さんの応援に 感謝します」(ヘア&メイク/久保マリ子)

 [映画.com ニュース] 「おじいちゃんはデブゴン」(公開中)、「コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝」(6月10日公開)を連続公開する上映企画「サモ・ハンis BACK!」のキャンペーンで、香港映画界の重鎮サモ・ハン・キンポー(サモ・ハン)が11年ぶりに来日。映画.comのインタビューに応じ、作品の魅力と「最強のカンフースター」について語った。

 自ら主演を務めた「おじいちゃんはデブゴン」は、20年ぶりとなる監督作。認知症気味の退役軍人を演じ、中国とロシアのマフィア抗争に巻き込まれた隣人父娘を救うために、封印していた武術を駆使して大立ち回りを演じる。「非常に良い脚本で、『じゃあ、監督をやろう』と即決した」というストーリーは、退役軍人と少女の絆も描かれるサモ・ハン版「グラン・トリノ」ともいうべき味わい。衰えを感じさせないアクションと「グレートウォール」のアンディ・ラウ共演、そして関係の深いユン・ピョウらのゲスト出演も話題だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >