2017/06/02 23:57

永瀬正敏、愛媛県観光大使に就任 「KANO」ツァオ・ヨウニンと再会

「KANO」の教え子、ツァオ・ヨウニン との再会を喜ぶ永瀬
「KANO」の教え子、ツァオ・ヨウニン との再会を喜ぶ永瀬

 [映画.com ニュース] 台湾映画「KANO 1931海の向こうの甲子園」に主演した永瀬正敏が6月2日夜、愛媛・道後温泉の大和屋本店で開催された「2017 日台観光サミットin四国」 愛媛県知事・松山市長主催の晩餐会にスペシャルゲストとして出席。永瀬が愛媛県の観光大使を委嘱された。

 「日台観光サミットin四国」は日台の観光事業者が互いの発展を願って、08年から日台の交互に毎年、開催。日本統治下の1931年を舞台に、松山商業野球部の元監督、近藤兵太郎が日本人、台湾人、原住民からなる台湾の嘉義農林学校を率いて、甲子園大会で準優勝するまでを描く同作は、2014年3月の台湾公開から3年以上経過した今でも根強い人気を誇っていることから、招待された。

 永瀬は「台湾代表が甲子園に出ていることは映画をやるまでは知りませんでした。いろんな方に近藤監督の指導方法を聞いてから、役に臨みました。どんな人にも分け隔てなく接し、1勝もしたことないチームを甲子園で準優勝に導いた。近藤監督は日本の誇りです。若い人が日本と台湾の関係を見つめ直すきっかけになったのではないか」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >