2017/06/03 12:45

村上虹郎、応急救護実習で“役者魂”さく裂! 綾野剛「最高だね」

初日挨拶に立った熊切和嘉監督、 綾野剛、村上虹郎
初日挨拶に立った熊切和嘉監督、 綾野剛、村上虹郎

 [映画.com ニュース] 綾野剛の主演で、芥川賞作家・藤沢周氏の小説を映画化した「武曲 MUKOKU」が6月3日、全国40館で封切られ、綾野と、共演の村上虹郎、メガホンをとった熊切和嘉監督が、東京・新宿武蔵野館で行われた舞台挨拶に登壇した。この日は男の決闘が描かれる物語にちなみ、それぞれに「最近何かと戦ったことは?」という質問が投げかけられ、綾野らは自身が“対決”した出来事を告白した。

 熊切監督と綾野が「夏の終り」以来、約3年ぶりにタッグを組んだ本作は、現代の鎌倉を舞台に、剣道5段の腕前を持つが自堕落な日々を送る研吾(綾野)が、天性の剣の才能を持つ高校生・羽田融(村上)と出会い、再び剣の道を歩んでいくさまを描く。「疲弊していく自分をきちんと映してくれていた」と熊切監督への信頼をにじませた綾野は、「愛に渇望した男たちが“地獄”に魅せられて、その中で光を手繰り寄せる作品」と説明する。

 綾野が最近戦っていたのは「自分自身」だという。「(本作を通じて)自分と向き合うことをやめてしまうと、僕は役者としてはやっていけないんだなと感じました。自分と向き合っていない作品というのは、お客様に届かないと思う。自分ときちんと戦えているかということを、これから確認して、実感、そして体感していかなければならない」と役者としての矜持をのぞかせた。一方、熊切監督が対峙したのは「撮影時の天気」だそう。「朝に撮影をして、雨で中断して、また撮っての繰り返し。きっと2人は気持ちをつなぐことが大変だったんだろうなと思う」と語っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >