2017/06/04 12:00

綾野剛&村上虹郎“強さへの渇望”のなかで互いを求め合った「武曲」

取材に応じた綾野剛と村上虹郎
取材に応じた綾野剛と村上虹郎

 [映画.com ニュース] 強さを求めるあまり自分を見失い、それでも剣を握ることをやめなかった――。熊切和嘉監督作「武曲 MUKOKU」(公開中)で、綾野剛と村上虹郎が体現したものは、剣道を通して出会った2人の男に芽生えた“強さへの渇望”。そして「本当の強さとは何か」という葛藤。綾野は父親から殺人剣を叩きこまれた主人公・矢田部研吾、村上は天賦の才を持つ高校生・羽田融に扮した。剣を通して幾度も“会話”をした2人が、己の剣に込めたものとは。(取材・文/編集部、写真/根田拓也)

 主演・綾野と熊切監督が「夏の終り」(2013)以来、約3年ぶりにタッグを組み、芥川賞作家・藤沢周氏の小説を実写映画化。ある事件以来、自堕落な日々を送っている剣道5段の男・研吾(綾野)が、ラップの作詞に夢中な高校生・融(村上)との出会いを機に、再び剣の道を歩み始める姿を描く。

 剣道未経験の綾野は、撮入前に剣道世界チャンピオンらと2カ月に及ぶ猛特訓を行い、精神及び肉体面の準備に余念がなかった。同時に、特訓を通して剣道の奥深さも知ったという。「佇まいで相手を封じて、目で相手を殺すというのは、芝居に通じるところがある。剣先をこつこつこつこつと合わせ、お互いの線(正中線)を取り合うのが会話なんです。セリフの応酬なんです」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >