2017/06/07 18:51

森脇健児、“最大の危機”は「レギュラー・ゼロで月収800万円から8万円になったとき」

「パトリオット・デイ」主人公の格好で登場
「パトリオット・デイ」主人公の格好で登場

 [映画.com ニュース]「ローン・サバイバー」「バーニング・オーシャン」のピーター・バーグ監督とマーク・ウォールバーグがタッグを組み、2013年に発生した米ボストンマラソン爆弾テロ事件の犯人逮捕までの102時間を描く「パトリオット・デイ」のトークイベントが、6月6日に都内で開催された。ランナーとしても知られるお笑いタレントの森脇健児が登場し、自身の経験をまじえて作品の魅力をアピールした。

 13年4月15日、毎年“パトリオット・デイ”(愛国者の日)に開催され、50万人の観衆を集めるボストンマラソンで爆弾テロが発生。現場に詳しい殺人課の刑事トミー(ウォールバーグ)やFBIのリック(ケビン・ベーコン)は、容疑者に浮上した“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”の捜索に奔走する。

 開口一番「33年間映画を見てきたなかでベスト5に入ります。『ジョーズ』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『蒲田行進曲』『ロッキー』、そしてこの『パトリオット・デイ』です」と熱く語った森脇は「映画のポイントは恐怖・勇気・感動! 実際にどんなことが起こっていたのか、映画を見てびっくりしました。いろんなところで見せ場があり、退屈なシーンが1分もない。まばたき禁止ですよ、ハラハラします」と褒めちぎった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >