2017/06/09 14:00

授賞式ボイコットで話題、イランのA・ファルハディのオスカー受賞作主演女優が来日

(C)MEMENTOFILMS PRODUCTION ASGHAR FARHADI PRODUCTION ARTE FRANCE CINEMA 2016
(C)MEMENTOFILMS PRODUCTION ASGHAR FARHADI PRODUCTION ARTE FRANCE CINEMA 2016

 [映画.com ニュース]第69回カンヌ映画祭コンペ部門で男優賞と脚本賞を受賞、第89回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した、イランの名匠アスガー・ファルハディ監督の最新作「セールスマン」が6月10日公開する。ファルハディ監督は、1月にトランプ米大統領が出したイスラム国家7カ国への入国制限措置に抗議し、アカデミー賞授賞式をボイコットし世界の関心を集めた。主演女優のタラネ・アリドゥスティが来日し、当時の状況と作品について語った。

 小さな劇団に所属し、アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演している役者の夫婦。ある日、自宅で夫が不在中に、妻が何者かに襲われる。事件が表ざたになることを嫌がり、警察へ通報しようとしない妻に業を煮やした夫は、独自に犯人を探し始めるが、夫婦の感情が次第にずれ、事態は思いがけない方向へと転がっていく。

 ファルハディ監督の授賞式ボイコットの声明に先んじて「イラン人へのビザ発給停止は人種差別」だとtwitterに投稿した。「私は差別的な措置をするような国には行きたくないと思っていたのです。実際、トランプ大統領はイラン人の入国制限をかけ、その後作品のノミネートが決まりました。私が抗議をした後は、イランの人々から大きな励ましをもらい、勇気があると称えられました。その後は、グローバル的にも賛同の声が上がり、私が早い段階で抗議の声を上げたことが、その後につながり、自分の発言がいろんな人に伝わったのがうれしかったです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >