2017/06/10 13:35

上戸彩「昼顔」との別れ&斎藤工のねぎらいに涙止まらず

涙ながらに話す上戸彩と斎藤工
涙ながらに話す上戸彩と斎藤工

 [映画.com ニュース] 禁断の愛を題材にし、人気を博した連続ドラマのその後を映画化した「昼顔」が6月10日、全国313スクリーンで封切られ、上戸彩、斎藤工、伊藤歩、平山浩行、メガホンをとった西谷弘監督が、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでの舞台挨拶に登壇。上戸が「今日で『昼顔』に関するキャンペーンがほとんど終わり。朝から泣きそうな気分でした」と胸中を吐露すると、斎藤は「『昼顔』という作品は、自分にとってもうひとつの“現実”のようなもの。ある種作品を手放す日を迎えて、寂しさが勝っています」と心境を明かした。

 ドラマでは、主婦の笹本紗和(上戸)と高校教師・北野裕一郎(斎藤)が道ならぬ恋に落ちるも、北野の妻・乃里子(伊藤)に別れを決断させられるまでを描いた。映画ではその3年後、離婚した紗和が暮らす町に北野が仕事で訪れ、2人が再び逢瀬を重ねる愛の物語を紡ぐ。4月にイタリアのウディネ・ファーイースト映画祭で上映された際には「(観客は)日本の倫理観、法の制度の違いに驚いていた」という斎藤。上海国際映画祭での上映も決まったことについては「現地の人々がどう作品とらえたのかという点を知ることは、劇場版におけるひとつの目的にもなっているような気がします」と語っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >