2017/06/12 18:00

DJロバート・ハリス「マンチェスター・バイ・ザ・シー」は小津安二郎をほうふつ

国内興行収入は1億円を突破
国内興行収入は1億円を突破

 [映画.com ニュース] 第89回アカデミー賞で主演男優賞、脚本賞に選ばれた「マンチェスター・バイ・ザ・シー」(公開中)のトークイベントが6月10日、東京・シネスイッチ銀座で行われ、DJで作家のロバート・ハリス氏が参加した。

 マット・デイモンがプロデューサーを務めたヒューマンドラマ。ボストン郊外で便利屋として生計を立てる男リー(ケイシー・アフレック)が、家族を失った16歳の甥(おい)パトリック(ルーカス・ヘッジズ)の面倒を見るために悲痛な思い出が残る故郷に舞い戻り、自身の過去と向き合っていく。リーの元妻ランディをミシェル・ウィリアムズが演じている。

 6月12日時点で上映館が96館に拡大、国内興行収入は1億円を突破するヒットを記録し、多くのリピーターも呼んでいる。ハリス氏は「今までのハリウッド映画は“悲しみは乗り越えられる”というメッセージが込められているものばかりだった。しかし本作は“乗り越えられない悲しみもある。それでも人は生きていける”ということを教えてくれました。だからリーは空っぽな状態でも、お兄さんのことを愛したし、甥への愛情を持てた。そこが美しかった。今まではこんなハリウッド映画はありませんでした」と絶賛した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >