2017/06/12 20:30

戸塚純貴、主演映画で介護職への印象が激変「すごく楽しそう」

「ケアニン あなたでよかった」に主演した戸塚純貴
「ケアニン あなたでよかった」に主演した戸塚純貴

 [映画.com ニュース] 介護をテーマに人や地域の繋がりの尊さを描く映画「ケアニン あなたでよかった」の完成披露試写会が6月12日、都内のホールで行われ、主演の戸塚純貴をはじめ共演の水野久美、松本若菜、鈴木浩介監督、監修の加藤忠相氏、主題歌を担当した香川裕光が舞台挨拶に出席した。

 「仮面ライダーウィザード」で注目された戸塚を主演に据え、WOWOWドラマ「下町ロケット」「沈まぬ太陽」などで知られる鈴木監督がメガホンをとった今作。郊外にある小規模多機能施設で働くことになった新人介護福祉士(戸塚)が、慣れない仕事に苦悩するなかで、認知症の高齢者との関係性を深めていく姿をつづった。

 「介護というものを考えた時に、前向きなイメージがあまりなかった」と率直に語る戸塚。それでも「加藤忠相さんが代表を務める(神奈川県の小規模多機能型居宅介護サービス)『あおいけあ』さんにうかがい、おじいちゃん、おばあちゃんとごはんを食べさせてもらいました。そこでは介護のイメージが全然違って、すごく楽しそうで、お互いがケアしあっている姿が衝撃的でした」と印象が激変したことを明かし、「自分が受けた衝撃を、この役に投影していきたいと思っていました」と真摯に話した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >