2017/06/14 04:00

押井守監督「バイオハザード」製作に興味あり!?「オファーは絶対断らない」

 [映画.com ニュース] シリーズ累計販売7200万本を超える人気ゲームをフルCGで映画化した「バイオハザード ヴェンデッタ」(上映中)のスペシャルトークショーが6月13日、東京・新宿ピカデリーで行われ、メガホンをとった辻本貴則監督と、ゲストの押井守監督が登壇した。小学生時代、押井監督が手がけた「うる星やつら」を見ていたという辻井監督は「そんな押井さんが僕の作品のトークイベントのお相手になってくれた。こんなに幸せな日はない」と思いの丈を述べていた。

 ゲームや劇場版のメインキャラクターである「BSAA」のクリス・レッドフィールドと、アメリカ大統領直轄のエージェント組織「DSO」に所属するレオン・S・ケネディが初めて共闘する劇場版アニメの第3弾。クリス&レオンが仲間たちと共にバイオテロを目論む国際指名手配犯のグレン・アリアスと激しいバトルを繰り広げる様を描き出す。

 押井監督を師と仰ぐ辻本監督は「オファーをいただいた時点ですぐに相談した」と告白。その後も製作中に度々会っていたことを明かすと「本当はダメ出しがあったんですよね?」と言葉を投げかけた。押井監督が気になったのは、レオンとドーベルマンをモデルとしたクリーチャー・ケルベロスのチェイスシーン。「リアルなドーベルマン見たことある? 本物のドーベルマンであれば、あそこまで足は太くない」と“犬好き”ならではの指摘をしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >