2017/06/15 00:00

浴室での絡み合い… 松本潤&有村架純、狂おしいほどの恋に落ちた「ナラタージュ」

モニターを真剣に見つめる有村架純 (C)2017「ナラタージュ」製作委員会
モニターを真剣に見つめる有村架純 (C)2017「ナラタージュ」製作委員会

 [映画.com ニュース] 島本理生氏の恋愛小説を映画化した「ナラタージュ」は、高校教師と元教え子が、狂おしいほどのジレンマを抱える恋に落ちるさまを描いている。主演を務めた「嵐」の松本潤とヒロインの有村架純は、どのような関係性でこの恋に挑んだのだろうか。2014年に人気を博したドラマ「失恋ショコラティエ」でも共演した2人が、役に没入した日々を語った。

 2006年版「この恋愛小説がすごい」第1位に輝き、第18回山本周五郎賞の候補にも挙がった島本氏の原作を、「世界の中心で、愛をさけぶ」などで知られる行定勲監督がメガホンをとり映画化。大学2年生の工藤泉(有村)のもとに、高校時代の演劇部顧問・葉山貴司(松本)から、卒業公演への参加を依頼する電話がかかってくる。葉山は学校になじめずにいた泉を手助けした恩師であり、恋心を寄せていた相手でもあった。

 時を経て再会し、かつての感情を抑えきれず、互いを求め合う葉山と泉。しかし葉山の口から、離婚の成立していない妻の存在が告げられる……。原作を読んだ有村は「もがいても報われない恋愛模様がすごく苦しかった」と語り、「実際に撮影が進むにつれて、泉でいることは苦しかったです」と吐露する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >