2017/06/15 10:00

ウエンツ瑛士“青い目の禅僧”に!「ヨコハマメリー」監督11年ぶり新作9月公開

「禅と骨」ポスター画像 (C)大丈夫・人人 FILMS
「禅と骨」ポスター画像 (C)大丈夫・人人 FILMS

 [映画.com ニュース] 顔を白く塗り、ドレスに身を包んだ老娼婦を追った「ヨコハマメリー」で注目を集めた中村高寛監督11年ぶりの長編ドキュメンタリー「禅と骨」が、9月2日に公開されることが決定。神奈川・横浜生まれの禅僧ヘンリ・ミトワの波乱に満ちた人生を、ドラマ、アニメパートを交えて描く異色作で、ドラマパートではウエンツ瑛士が青年時代のミトワを演じる。このほど、予告編と人気イラストレーター岡田成生によるポスター画像がお披露目された。

 アメリカ人の父と日本人の母を持ち、日本文化を愛する“青い目の禅僧”ミトワは、京都・嵐山の天龍寺の禅僧として晩年を過ごし、茶道、陶芸、文筆などの分野でも優れた才能を発揮していた。しかし、80歳を目前に童謡「赤い靴」の映画化を希望し、周囲の人々を巻き込みながら“文化人”の地位から逸脱していく。

 今作の完成まで8年の歳月を費やした中村監督の熱烈オファーを受けて出演に至ったウエンツは、「ヘンリ・ミトワさんの話のはずが、いつの間にか中村監督と魂が溶け合ってとんでもない作品になっております。ぜひ、その魂を感じてください!!」とコメントを寄せている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >