2017/06/17 06:00

立川談春、独演会で大野智主演「忍びの国」を解説「時代劇は進化している」

ファン1800人から喝さいを おくられた立川談春
ファン1800人から喝さいを おくられた立川談春

 [映画.com ニュース] 落語家の立川談春が6月16日、東京・新宿文化センターで独演会を行い、出演した「嵐」大野智主演映画「忍びの国」を解説した。会場には落語ファンのみならず、大野ファンとおぼしき女性客も多く見受けられ、約1800人収容の客席を埋め尽くしていた。

 「のぼうの城」「村上海賊の娘」で知られる和田竜氏の小説を、中村義洋監督のメガホンで映画化。織田信長の次男・織田信雄が独断で伊賀に侵攻し、敗走した天正七(1579)年の「第一次天正伊賀の乱」を題材に、怠け者だが最強の忍者と称される無門(大野)の活躍を描いた。

 出囃子とともに幕が上がり、“最もチケットが取れない落語家”と称される談春がハンドマイクを持って登場すると、客席は喝さい。映画撮影中のオフショットや、キャラクターの相関図をスクリーンに投影し、裏話や小話を交えながら約1時間にわたって物語と見どころを解説していった。撮影のエピソードとして、大野、鈴木亮平、満島真之介と待機していた際を「(5代目三遊亭円楽の)奇人変人列伝を話したら、鈴木さんが(大笑いして)パイプ椅子から落ちていた」などと軽快に振り返り、観客は沸きっぱなしだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >