2017/06/17 14:00

水谷豊、構想40年の初監督作公開に万感 次回作期待も「すぐに相棒始まる」

渾身の意欲作がついに公開!
渾身の意欲作がついに公開!

 [映画.com ニュース] 水谷豊が映画監督に初挑戦し、主演も兼ねた「TAP THE LAST SHOW」が6月17日、全国88スクリーンで封切り。水谷をはじめ共演の北乃きい、清水夏生、岸部一徳、前田美波里、六平直政、監修・振り付けのHIDEBOHらが、東京・TOHOシネマズ日比谷シャンテでの舞台挨拶に立った。

 水谷が約40年間にわたり、構想を温め続けてきた悲願の企画。公開初日を迎え、水谷は「ついにこの日がやってきた、という思いです」と感激の面持ちだ。ステッキをついて登場したが「普通に歩けるのですが」と笑い、「今日1日ばかりは、映画のキャラのまま、過ごしていきたい」と真摯に話した。

 壇上では水谷に、「夢かなう」「奇跡」の花言葉を持つ青いバラが贈られた。北乃と前田から構想年数にちなんだ40本の花束を受け取り、「ずいぶん長いこと、夢を見ていました。もし次に夢を見ることができたら、もう少し短い夢を見たい」と次回作に期待を込めた。その一方で「(具体的には)今日、ここが初日ですから、これが落ち着きましたらまた思いを馳せたい。でも、すぐに『相棒』が始まるんですよね」とぼやき、場内を沸かせていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >