2017/06/19 14:35

向井理「いつまた、君と」で見せた故野際陽子さんの姿勢に深い感銘

野際陽子さんとの思い出を語った 向井理、尾野真千子、深川栄洋監督
野際陽子さんとの思い出を語った 向井理、尾野真千子、深川栄洋監督

 [映画.com ニュース] 向井理の祖母・芦村朋子さんの半生記を映画化した「いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)」の公開直前ヒット祈願イベントが6月19日、東京・神田明神で行われ、向井と尾野真千子、メガホンをとった深川栄洋監督が出席。映画のヒット祈願を終えた向井らは、6月13日に81歳で死去した共演者の野際陽子さんとの思い出を語った。

 向井自身が企画・出演した今作は、衣食住もままならない戦後の動乱期を生きた一組の夫婦、妻・朋子(尾野)と夫・吾郎(向井)の愛の物語を紡ぐ。朋子の孫・理(成田偉心)が、突然倒れてしまった朋子にかわって半生記をまとめるなかで、祖父と祖母が歩んできた戦中戦後の波乱に満ちた道のり、50年におよぶ家族の歴史を知っていく。

 深川監督は、肺せんがんのため他界した野際さんについて「(撮影中は)体調の悪い素振りを見せず、明るく振舞っていらっしゃって、我々の緊張をほぐそうとしてくれました」と述懐。撮影は2016年2月に行われたが、11月にも再撮影を行ったようで「その時に仰っていた『もう撮り直しはないわよね?』という言葉を鮮明に覚えています。ご自身で何かを感じたうえでの発言なのか、野際さんなりの仕事の姿勢なのか。『立つ鳥跡を濁さず』という言葉が相応しいのかわかりませんが、そういう幕引きをされたのかなと感じました。強くて優しくて凛とした女優さんでした」と振り返っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >