2017/06/20 23:55

ディーン・フジオカ「結婚」で演じた詐欺師は「俳優業と近いものがある」

会見したディーン・フジオカ
会見したディーン・フジオカ

 [映画.com ニュース] 俳優のディーン・フジオカが6月20日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で行われた、主演映画「結婚」の会見にメガホンをとった西谷真一監督とともに出席した。

 直木賞作家・井上荒野氏の長編小説を映画化した本作は、結婚を求めて騙された女たちと、騙した男が抱える秘密と悲しみを描く。フジオカは、完璧なビジュアルと知性、大人の色気を武器に女性たちを翻ろうする結婚詐欺師・古海健児を演じている。西谷監督は「あさが来た」「喧騒の街、静かな海」に続いて3度目のタッグとなったフジオカについて「どんな役でも見事になりきるのは、特殊な才能かもしれません。今回は、男性でも感じてしまう色気、女性をとりこにするディーンさんの魅力を世の中に発信したいという気持ちがありました」と語っていた。

 結婚詐欺師という役どころについて問われたフジオカは「俳優の実作業は、詐欺師に近い一面があると思っています」と回答。「求められた役を、求められる場所やタイミングでやってみせるのが俳優の仕事。一方詐欺師は、自分のエゴのために法律を破り、人を傷つけている点では大きく異なりますが、実際やっていることは似ている部分がある気がします。本作の撮影期間中、西谷監督とそんなことを話し合ったりもしていましたね」と持論を展開していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >