2017/06/21 04:00

H・ハートリー監督「ヘンリー・フール3部作」に日本語字幕を!クラウドファンディングで資金募集

日本未公開作品が見られるチャンス (C)ALL PHOTOS COPYRIGHTED BY POSSIBLE FILMS, LLC
日本未公開作品が見られるチャンス (C)ALL PHOTOS COPYRIGHTED BY POSSIBLE FILMS, LLC

 [映画.com ニュース] 米ニューヨーク・インディペンデント映画界の気鋭ハル・ハートリーが、第51回カンヌ国際映画祭最優秀脚本賞受賞作「ヘンリー・フール」から始まる3部作のDVD&ブルーレイBOXセットに、日本語を含む5カ国語の字幕をつけるための費用を米クラウドファンディングのキックスターターで募っている。

 「ヘンリー・フール3部作」は、1997年製作、99年に日本公開された「ヘンリー・フール」、日本未公開の続編「フェイ・グリム」(2006)、「ネッド・ライフル」(14)で構成された、ひとつの家族の世代を超えた物語。クラウドファンディングで目標額を達成すれば、日本語、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語の字幕が採用されたDVD&ブルーレイBOXセットが、11月頃(予定)にハートリー監督の公式サイト(halhartley.com)を通じて発売される。

 第1作の「ヘンリー・フール」は、内気なゴミ収集人の青年と、自称作家の浮浪者の交流を描いたヒューマンコメディ。ゴミ収集で家族を養うサイモンが、自称作家のヘンリーの影響で書き始めた詩の才能を開花させる一方で、ヘンリーはサイモンの母メアリー、姉フェイと続けて肉体関係を持ち、フェイは妊娠。それでも恩義と友情を感じていたサイモンだったが、ヘンリーの作家としての才能のなさが露呈し、2人は袂を分かつ。5年後、サイモンは詩人として成功を収め、ヘンリーはゴミ収集の仕事でフェイと息子ネッドを養っていたが、成り行きで殺人を犯し、警察に追われる身となってしまう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >