2017/06/22 04:00

三浦貴大、大分舞台の映画「栞」に主演!鶴見辰吾&新人・白石聖と家族に

家族として共演する三浦貴大(中央)、鶴見辰吾、白石聖 (C)栞製作委員会
家族として共演する三浦貴大(中央)、鶴見辰吾、白石聖 (C)栞製作委員会

 [映画.com ニュース]三浦貴大が、大分を舞台にしたヒューマンドラマ「栞」に主演していることがわかった。三浦は主人公の理学療法士・高野雅哉を演じ、雅哉の父・稔役の鶴見辰吾、妹・遥役の新人女優、白石聖と共演する。

 幼い頃に母親を亡くし、現在は父、妹と離れて暮らす雅哉が働く病院に、しばらく会っていなかった父が入院してくる。弱っていく稔の姿や、自らが担当する患者の病状悪化などを目の当たりにし、無力感に苛まれながら自問自答する日々を送っていたある日、ラグビーの試合中にケガをした患者を新たに担当することになる。その懸命に生きようとする姿に感化され、雅哉は徐々に仕事への熱意を取り戻していく。理学療法士の経歴を持つ榊原有佑監督が、自身の経験から紡いだオリジナルストーリーとなっている。

 映画はすでにクランクアップしており、三浦は「本当に楽しい現場で撮影を終えて良い作品になる予感がしてます。僕自身は主演として何か特別なことができたわけではないですが周りのスタッフや演者の方々、何よりも大分の方々のご協力があって無事に撮影を終えることができました。本当に感謝してます」とコメントを寄せている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >