2017/06/22 11:00

3度のオスカー受賞を誇る名優ダニエル・デイ=ルイスが引退宣言

12月全米公開のP・T・アンダーソン 監督作が最後の作品に Photo by Kevin Mazur/Getty Images
12月全米公開のP・T・アンダーソン 監督作が最後の作品に Photo by Kevin Mazur/Getty Images

 [映画.com ニュース] アカデミー賞主演男優賞を3度受賞という快挙を成し遂げた名優ダニエル・デイ=ルイスが、俳優業から突然の引退を表明し、ハリウッドに激震が走った。米バラエティが独占で報じた。

 約40年にわたるキャリアを通し大統領から小説家、ギャング団のボスまで幅広い役どころをスクリーンで演じてきたデイ=ルイスは、現在60歳。「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(2007)以来10年ぶりにポール・トーマス・アンダーソン監督とタッグを組んだ「Phantom Thread(仮題)」(12月25日全米公開)が、俳優として最後の仕事になるという。

 デイ=ルイスは代理人を通じ、「ダニエル・デイ=ルイスは今後、俳優としての活動はしません。これまで共に仕事をしてきた人々ならびに観客の皆さんに、心から感謝しております。これはあくまで個人としての決断であり、本人も代理人も、本件に関してこれ以上コメントすることはありません」という声明を発表したものの、引退の理由については述べていない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >