2017/06/22 17:00

ポン・ジュノ監督「オクジャ」は少女版「未来少年コナン」 押井守作品の影響も

来日会見に臨んだポン・ジュノ監督(右) と主演女優アン・ソヒョン
来日会見に臨んだポン・ジュノ監督(右) と主演女優アン・ソヒョン

 [映画.com ニュース] 韓国の鬼才ポン・ジュノ監督が最新作のNetflixオリジナル映画「オクジャ okja」を引っさげ、前作「スノーピアサー」以来約3年5カ月ぶりに来日。主演を務めた子役アン・ソヒョンとともに6月22日、東京・六本木で来日会見に出席した。

 ジュノ監督の長編6作目となる本作は、韓国の山奥で生まれ育った少女ミジャが、巨大な多国籍企業に連れ去られた親友の巨大生物“オクジャ”を取り戻すため、ソウル、ニューヨークを駆け巡るアクションアドベンチャー。「ハウスメイド」「その怪物」などで天才子役として脚光を浴びたソヒョンが主人公ミジャを演じ、ティルダ・スウィントン、ジェイク・ギレンホール、ポール・ダノら、ハリウッドの演技派俳優たちが脇を固めた。

 同作で描かれる自然の描写が宮崎駿作品に影響があると公言していたジュノ監督は、「『未来少年コナン』の女の子版だと考えたことがある」と告白。「主人公がずっと走り続けていて、誰にも止めることができないからです。コナンがおじいさんと自然の中で暮らす様子は、ミジャにも通ずるものがありますね」と解説した。さらに、宮崎監督へのリスペクトを示しつつも、それ以外の作品からもインスピレーションを受けたと明かし、オクジャを世界にお披露目するニューヨークでのパレードは、押井守監督の「イノセンス」をイメージしていたと告白。その他にも、ジョージ・ミラー監督が農場から都会へ旅する子豚を描いた「ベイブ 都会へ行く」などからの影響もあると語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >