2017/06/24 12:30

仏実力派俳優結集「あさがくるまえに」カテル・キレベレ監督、自作品の日本初公開に感無量

観客と対面し笑顔
観客と対面し笑顔

 [映画.com ニュース] 心臓移植をめぐるヒューマンドラマ「あさがくるまえに」が6月23日、開催中のフランス映画祭2017で特別上映された。上映前には、来日中のカテル・キレベレ監督が舞台挨拶を行った。

 「ダゲレオタイプの女」のタハール・ラヒム、「母の身終い」のエマニュエル・セニエ、「Mommy マミー」などグザビエ・ドラン監督作品で知られるアンヌ・ドルバルといった実力派が顔をそろえ、メイリス・ド・ケランガル氏のベストセラー小説を映画化。事故で脳死状態と宣告された青年とその両親、臓器コーディネーター、臓器提供を待つ女性音楽家といった面々が、自身の人生を見つめ直していく。

 「聖少女アンナ」「スザンヌ」で知られるキレベレ監督は、「本作が初めて日本で公開される私の作品です。皆さんは、初めての観客です」と感無量の面持ち。「原作小説を紹介されたとき、私は別の作品の脚本執筆にとりかかっていました。ですが、とても力強い本で映画化する必要性にかられ、脚本を断念して原作者に会いに行ったのです」と振り返った。さらに、「私にとって小説の映画化は初めての経験でした。原作小説と同じような豊かさをもって登場人物を描き出すことに苦心しました。原作小説の中では、登場人物は自由に過去と現在を旅します。そして思いや考察が描かれていきますが、映画はこの点において小説よりも自由度が少ないのです」と苦労を明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >