2017/06/24 12:55

尾野真千子、客席の喝さいに号泣!向井理のサプライズ演出にも涙に暮れる

号泣した尾野真千子と向井理
号泣した尾野真千子と向井理

 [映画.com ニュース] 向井理の祖母・芦村朋子さんの半生記を映画化した「いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)」が6月24日、全国189スクリーンで公開初日を迎え、主演の尾野真千子をはじめ共演の向井、岸本加世子、駿河太郎、成田偉心、脚本の山本むつみ、メガホンをとった深川栄洋監督が東京・TOHOシネマズ新宿での舞台挨拶に立った。

 登壇時に客席から盛大な喝さいがおくられ、尾野は初っ端から大号泣。向井から渡されたハンカチを目元に当てながら、「感無量です、初めてです……」と嗚咽を漏らす。なおも涙はあふれ続け、「ちょっと待って……。本当にありがとうございます。こんな経験が、日本映画で、自分が歩んできて初めてです。こうやってご褒美をもらえたことが、今とっても嬉しいです」と照れ笑いを浮かべた。

 向井自身が企画・出演した今作は、衣食住もままならない戦後の動乱期を生きた妻・朋子(尾野)と、夫・吾郎(向井)の愛の物語。向井は「隣で号泣されると、なかなか冷静になってしまうもので」と苦笑しながらも、「こういうことは初めてで、たくさんの人の気持ちに届いたんだなと思います」と感無量で、「初日を迎えることができました。みなさんにとっても、僕にとっても特別な1日だと思います。愛していただいて、本当に感謝しています」と謝辞を述べた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >